TOP

○コードの使い方(コード進行)


ここからは、コードの使い方、コード進行についてみていきます。
●ダイアトニック・コード(Diatonic Chord) [メジャ/長調]

 その調のを音階の音のみで作られた和音コードのことをダイアトニック・コードと言います
 音階の各音をベースとした3和音を順番に並べていきます。(同一スケール上の音を使用)

 〇メジャー・ダイアトニック・コード
 
 これらが主に、同一調(キー)の音楽で使用されるコードとなります。
 順番に左から、掬戞↓凝戞↓慧戞ΑΑΑΑΝ仕の和音と呼びます。
 Cメジャー調の場合、左から、C、Dm、Em、F、G、Am、Bdimとなります

 実際は各キーごとにダイアトニックコードができます(12種類)。
 それを各キーを共通として、I、僑蹇↓沓蹇↓検↓后↓今蹇↓dimと呼ぶこともあります。
 なお特に、掬戮トニック、古戮サブドミナント、硬戮ドミナントとも呼びます。
    


●ダイアトニック・コード(Diatonic Chord) [マイナー/短調]

 単調の場合も同様にダイアトニック・コードが考えられます。
 ここでは、Cメジャーの平行調(調子記号が同じ)であるAmについてみてみます。

 〇マイナー・ダイアトニック・コード
 
 これらが主に、同一調(キー)の音楽で使用されるコードとなります。
 同様に左から、掬戞↓凝戞↓慧戞ΑΑΑΑΝ仕戮力族擦噺討咾泙后
 Aマイナー調の場合、左から、Am、Bdim、C、Dm、E、F、G#dim (G)となります

 同様に各キーごとにダイアトニックコードができます(12種類)。
 各キーを共通として、I、dim、窟、牽蹇↓牽蹇↓后↓此↓dim(拶)と呼ぶこともあります。
 なお特に、掬戮トニック・マイナー、古戮サブドミナント・マイナー
 硬戮ドミナント・マイナーとも呼びます。

 本来マイナースケールには、ナチュラルマイナースケール、ハーモニックマイナースケール、
 メロディックマイナースケールがあるため、それぞれのダイアトニックコードが考えられます。
 
 先のマイナーのダイアトニックはこれらの中から、主に使用されるものが抽出されています


●テンション・コード(Tension Code)について

 テンション・コードとは、テンション・ノート(Tension Note)と呼ばれる音が追加されたコードで4和音で構成されるコードのことです
 先の3和音コードに対して、以下のようになります。
 
 
 3和音のdimの第3音目に短3度の音程を追加した場合をdim7となる。
 3和音のdimは構成音としてm♭5(m−5)と同一。
 3和音のdimに♭7thの音を追加した上記メジャーの察▲泪ぅ福爾劉兇錬蹌窟5で記載してあります。

 テンションコードをどのように使うかは曲の雰囲気や作曲者のセンスにより変わってきます
 上記では、♭7th、7thが追加されていますが、6thなどが追加されるケースもあります。


●ダイアトニック・コードの個々の特徴について

  以上のように、ある曲調のダイアトニックコードを組み合わせて曲がなりたっています。

  そのコード構成のうち、トニック、サブドミナント、ドミナントのコードが、
  その曲調でのメインのコードとなります。(マイナーの場合は、トニック・マイナー、
  サブドミナント・マイナー、ドミナント・マイナー)
  それ以外は、メインコードを引き立てるわき役と言ったところになります。

  1)トニック・コード(機
   基本的には、ほとんどの曲は、トニックコードで始まり、トニックコードで終わります。
   後述のサブドミナント(検砲箸料蠕が良く、帰検,愎覆澆笋垢ぁ

  2)ドミナント・コード(后↓坑掘
   トニックに次いで重要なコードで、ドミナントからはほぼトニックに移行します。
   7thで使われることが多く、坑靴派修錣后 坑窟気反覆澆泙后

  3)サブドミナント・コード(検
   トニックに似た性格のコードであるが、安定感はトニックに劣るコード。
   安らぎを感じるコードである

  4)ニド(供
    サブドミナントの代理コードとして使用されます。

  5)サンド(掘
    トニックのの代理コードとして使用されます。
    トニックを少し寂しい感じにする場合に使用される
    サンドからは、ロクド、サブドミナントによく進みます。

  6)ロクド(此
    これも、トニックの代理コードとして使用されます。

  7)ナナド(察
    ドミナントの代理コードとして使用されます。
    ナナドからはサンド、トニックへよく進みます。(拶掘↓拶機


●コード進行について(Code Progression)

  1)トニック → サブドミナント 
    安定感のあるコード進行で次への展開を期待させられます。
   (長調:帰検  C→F   G→C    F→B♭
   (短調:毅蹉牽蹇Cm→Fm Gm→Cm  Fm→B♭m

  2)トニック → 入替サブドミナント
    サブドミナントのマジャーマイナー調性を入れ替えたものに移行します。
   (長調:帰牽蹇C→Fm G→Cm  F→B♭m
   (短調:毅蹉検Cm→F Gm→C  Fm→B♭
     気分転換として利用される場合があります。

  3)トニック → ロクド
    代理コードを使って長調短調を切り替えるのに使用します。
   (長調:帰今蹇C→Am  G→Em  F→Dm
   (短調:毅蹉検Cm→A♭ Gm→E♭ Fm→D♭

  4)トニック → サンド
     これも3)とよく似た働きである
   (長調:帰沓蹇C→Dm  G→Bm  F→Am
   (短調:毅蹉掘Cm→E♭ Gm→B♭ Fm→A♭

  5)ドミナント → トニック
    ドミナントの次にはトニックが大体トニックに移行します。
    安定感のため音楽が終了する感じがあります
   (長調:坑窟機 G7→C  D7→G  C7→F
   (短調:V7→Im)G7→Cm D7→Gm C7→Fm

  6)ドミナント → 代替トニック(サンド、ロクド)
    5)の代替機能として働きます。
   (長調:坑窟沓蹇G7→Am D7→Em  C7→Dm
   (長調:坑窟今蹇G7→Em D7→Bm  C7→Am
   (短調:V7→頃)G7→A♭ D7→E♭  C7→D♭
     短調のドミナントからサンドには移行しません

  7)ドミナント → ニド、サブドミナント
    原則としてはあり得ないが、
    ドミナント → ニドまたはサブドミナント → ドミナント という風につながります。
   (長調:坑窟僑/権V7) G7→Dm7→G7 D7→Am7→D7 C7→Gm7→C7
   (短調:V7→dim/牽蹉V7)G7→Ddim→G7 D7→Adim→D7 C7→Gdim→C7

  8)サブドミナント → トニック
    穏やかに終息に向かう感じの流れとなります。
   (長調:権機  F→C C→G B♭→F 
   (短調:牽蹉毅蹇Fm→Cm Cm→Gm B♭m→Fm 

   〇入替サブドミナントからは、元のトニックに戻ります
   (長調:[帰] 牽蹉機 Fm→C
   (短調:[毅蹉] 権毅蹇F→Cm

  9)サブドミナント → ナナド
    ディミニッシュの不安定感が少しおしゃれ感を演出します。
   (長調:権dim)F(M7)→Bdim C(M7)→F♯dim B♭(M7)→Edim 
   (短調:牽蹉dim または 拶7)Dm→G♯dim または G7
     長調の権dimは、短調のロクド→ニド(頃→dim)と同じ音となります。
     短調の場合は、2種類のナナド(dim または 拶7)に移行ができる二面性を持ちます。
     短調の牽蹉拶7は長調の僑蹉V7と同じになります

  10)サブドミナント → ニド
    一時しのぎ的な、つなぎの進行という感じがします。
   (長調:権僑蹇  F→Dm  C→Am B♭→Gm
   (短調:牽蹉dim)Fm→Ddim Cm→Adim B♭m→Gdim
     長調は短調のロクド→サブドミナント(頃→牽蹇砲汎嬰。
     短調は長調のニド→ナナド(僑蹉dim)同等。

  11)サブドミナント → サンド
    8)のサブドミナント→トニックに似た感じで少し寂しい感じを出します。
    2度下がったコードであるため移行しやすい。
   (長調:権沓蹇F→Em C→Bm B♭→Am
    短調では使われません。
  12)サブドミナント → ドミナント
    ドミナントからトニックに移行する進行を一層強める働きがあります
    この後はトニックに進むしかありません。
   (長調:権坑掘F→G7(→C) C→D7(→G) B♭→C7(→F)
   (短調:牽蹉坑掘Fm→G7(→Cm) Cm→D7(→Gm) B♭m→C7(→Fm)

  13)ニド → ドミナント
    自然な流れの進行で、ポピュラーでよく使用されます。
   (長調:僑(7)→坑掘Dm→G7 Am(7)→D7 Gm(7)→C7
   (短調:dim→坑掘 Ddim→G7 Adim→D7 Gdim→C7

  14)ニド → ナナド
    長調での弱い進行となります。
   (長調:僑(7)→dim)Dm→Bdim Am(7)→F♯dim Gm(7)→Edim

  15)ロクド → ドミナント
    短調で使用され、11)サブドミナント → サンドと同様の働き方をしている。
    半音下がったコードのため移行しやすい
   (短調:頃→(7))F→E C→B B♭→A

  16)ロクド → ニド
    移行しやすい進行である。
   (長調:今蹉僑蹇Am→Dm Em→Am Dm→Gm
   (短調:頃→dim)F→Bdim 
     長調の今蹉僑蹐話残瓦劉毅蹉牽蹐汎韻検
     短調の頃→dimは長調の権dimと同じ響きとなる

  17)ナナド → トニック
    ドミナント→トニックのような働きをします。
   (長調:dim→機Bdim→C F♯dim→G Edim→F
   (短調:拶7→毅蹇G7→Cm 

  18)ナナド → サンド
    ドミナント→トニックの代用品の働きをします。17)と同じような響き
   (長調:dim→沓蹇Bdim→Em F♯dim→Bm Edim→Am
   (短調:拶7→窟)G7→C 
    短調の場合自然短音階上の拶7で見るともはやドミナント→トニックそのものとなります。


●コード進行のパターンについて(Code Progression Pattern)
  以上に述べたコードの移行を次々に繰り返して、曲が成り立っていきます。
  その際にある程度、パターン化したコードの流れが受け入れられて定着したりします。
  それを、コード進行パターンとして考えることができます。

  ネット上に様々なコード進行パターンを説明しているページがありますので、以下にリンクを張っておきます。

  定番コード進行パターンまとめ!サウンド付きで10個のコード進行を解説

  王道コード進行 全10パターン 作曲や演奏に活用できる定番のコード進行一覧

  コード進行パターン集(1)全20パターン シンプル構成からロック・ボサノバ風まで

  コード進行パターン集(2)全20パターン ビートルズ風コード、ブルース風コードなど


  また、ユーチューブでは、バッキングトラックとして様々なバッキングシーケンスパターンが演奏されていたりします。
  ”バッキングトラック”で検索してみてください。



◎ちなみに、カシオのキーボードには、ミュージックプリセットという名前の機能として、
 バッキングのパターンを繰り返し演奏する機能が搭載されているものがあります。

 
 LK−511というキーボードには、310種類のミュージックプリセットが格納されています。
 そのコード進行の一覧を調査しましたので、ここに載せておきます。

 LK−511ミュージックプリセット コード進行一覧表(PDF)




BACK

inserted by FC2 system