TOP


●スケールの種類

スケールの種類として、メジャースケール・マイナースケールという音階(スケール)が
 登場してきましたが、それ以外にもスケールの種類はたくさんあります。
 ここは参考として、そのスケールの種類について述べておきます。

〇メジャースケールからの派生
 

 ド(C)から始まる白鍵のスケールであるCメジャースケールのに対して、
 上記のように開始位置をひとつづつ上げていった白鍵上のスケール(1)〜(7)について
 それぞれその音程の並び方の種類のことをスケールの種類として取り上げられます。
 (便宜上、最初の音とオクターブ上の同音名まで記載してます:例ド〜↑ド)

 (1)アイオニアン・スケール (Ionian Scale)
   これは、ド(C)から始まる長音階の並びのことである。(メジャースケール)
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D E F G A B (1 2 3 4 5 6 7)

 (2)ドリアン・スケール (Dorian Scale)
   これは、レ(D)から始まる白鍵部のみの並び方であり、
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D E♭ F G A B♭ (1 2 ♭3 4 5 6 ♭7)

 (3)フリジアン・スケール (Phrigian Scale)
   これは、ミ(E)から始まる白鍵部のみの並び方であり、
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D♭ E♭ F G A♭ B♭ (1 ♭2 ♭3 4 5 ♭6 ♭7)

 (4)リディアン・スケール (Lydian Scale)
   これは、ファ(F)から始まる白鍵部のみの並び方であり、
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D E F♯ G A B (1 2 3 ♯4 5 6 7)

 (5)ミクソリディアン・スケール (Mixolydian Scale)
   これは、ソ(G)から始まる白鍵部のみの並び方であり、
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D E F G A B♭ (1 2 3 4 5 6 ♭7)

 (6)エオリアン・スケール (Aeolian Scale)
   これは、ラ(A)から始まる白鍵部のみの並び方であり、
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D E♭ F G A♭ B♭ (1 2 ♭3 4 5 ♭6 ♭7)
   (*これが実は、後に述べるマイナースケールの一つである、ナチュラル・マイナースケール
    自然短音階を表しています)

 (7)ロクリアン・スケール (Locrian Scale)
   これは、シ(B)から始まる白鍵部のみの並び方であり、
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C ♭D ♭E F ♭G ♭A B♭ (1 ♭2 ♭3 4 ♭5 ♭6 ♭7)


〇マイナースケールの派生
 先の(6)のエオリアン・スケールで出てきたマイナースケールには以下の3種類に分類されます。
 (1)ナチュラル・マイナースケール(自然短音階)
   これは、まさにエオリアン・スケールそのもので、
   これは、ラ(A)から始まる白鍵部のみの並び方であり、
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D E♭ F G A♭ B♭ (1 2 ♭3 4 5 ♭6 ♭7)
    (メジャー・スケールの3度、6度、7度を半音さげたものとなります)

 (2)ハーモニック・マイナースケール(和声短音階)
   これは、ナチュラル・マイナースケールの♭7を半音上げたものとなります
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D E♭ F G A♭ B (1 2 ♭3 4 5 ♭6 7)
    (メジャー・スケールの3度、6度、を半音さげたものとなります)
    ポピュラー音楽ではあまり使われません

 (3)メロディック・マイナースケール(旋律短音階)
   これは、ナチュラル・マイナースケールの♭6と♭7を半音上げたものとなります
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D E♭ F G A B (1 2 ♭3 4 5 6 7)
    (メジャー・スケールの3度のみを半音さげたものとなります)
    これも、ポピュラー音楽ではあまり使われません


〇その他のスケール(ジャズ、フージョンで使われるスケール)
 (1)クロマティック・スケール(半音階)
   これはすべてが半音のスケールとなります。
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C C♯ D D♯ E F F♯ G G♯ A A♯ B 
       (1 ♯1 2 ♯2 3 4 ♯4 5 ♯5 6 ♯6 7)


 (2)マイナー・ペンタトニック・スケール(五音音階)
   ナチュラル・マイナースケールの第2音と第6音を抜いたスケールです
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C E♭ F G B♭ (1 ♭3 4 5 ♭7)
   ロック・コード・スケールともいう

 (3)メジャー・ペンタトニック・スケール(五音音階)
   メジャー・スケールの第4音と第7音を抜いたスケールです
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D E G A (1 2 3 5 6 )
   ヨナ抜き長音階と同じ

 (4)メジャー・ブルース・スケール
   メジャー・ペンタトニック・スケールに♭3を加えたスケール。
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D E♭ E G A (1 2 ♭3 3 5 6 )

 (5)マイナー・ブルース・スケール
   マイナー・ペンタトニック・スケールに♭5を加えたスケール
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C E♭ F G♭ G B♭ (1 ♭3 4 ♭5 5 ♭7)
   一般的なブルースのメロディ構成音

 (6)ブルーノート・スケール
   メジャー・スケールに♭3と♭5と♭7を加えたスケール
   Cからの並びとしては、(音程表記)
   C D E♭ E F G♭ G A B♭ B(1 2 ♭3 3 4 ♭5 5 6 ♭7 7)

 (7)ホールトーン・スケール
   C D E F♯ A♭ B♭ (1 2 3 ♯4 6♭ 7♭)
  (詳細省略)

 (8)ディミニッシュト・スケール
   C D E♭ F G♭ G♯ A B (1 2 ♭3 4 ♭5 ♯5 6 7)
   C D♭ E♭ ♭F ♭G G A B♭ (1 ♭2 ♭3 ♭4 ♭5 5 6 ♭7)
  (詳細省略)

 (9)シンメトリック・オーギュメント・スケール
   C E♭ G G♯ B (1 ♭3 3 5 ♯5 7)
  (詳細省略)


〇その他のスケール(民族音階)
 その他、ヨーロッパ各地方、アラブ、インド、東南アジア、中国、インドネシア、そして日本など
 各地域に根付いたスケールというのが存在します。
 日本の音階としては、ヨナ抜き長音階(C D E G A)・短音階(C D E♭ G A♭)
 ニロ抜き長音階(C E F G B)・短音階(C E♭ F G B♭) 
 琉球音階(C E F G B)などがあります。

*なお、上記各スケールの種類に対して、それぞれ、C、C#、D、D#、・・・・A、Bb、Bと
 12のキーの組み合わせ分だけスケールが存在することになります。

 〇スケールのまとめとして五線譜上にまとめてみました。
  ==>>PDFファイルはこちら


(2020.07.15追記)

BACK

inserted by FC2 system